友達は憧れの新卒採用情報で内定を貰ったが取り消しになる

私の友達は夢がありました。友達のお母さんもそうだったように友達は飛行機の客室乗務員になるのが夢でしたし、客室乗務員が友達にとって憧れの職業でした。その憧れの客室乗務員になる為に友達は一生懸命大学に行きました。友達は背も高くスタイルはと聞かれるとそれはなんとも言えませんが美人でした。本当に美人で歩くとみんなが振り向くくらいの美人さんです。それに性格も美人だからと言って高飛車な感じではありません。みんなにすごく好かれるタイプの性格でした。そんな友達だったので絶対に私も友達が夢を叶えてくれる事を願っていました。なので大学3年生の終わり頃から友達は就職活動も頑張っていました。そんなに頑張っている友達を見たのは初めてでした。

友達とは小学校の頃からずっと高校生まで一緒だったのでよく知っていました。私が遊んでいる時でも就職活動をしていて航空会社の憧れの新卒採用情報があると全部受けていました。そして友達の頑張りがついに実り友達は1つだけですが航空会社内定を貰いました。すごく本人は喜んでいました。もちろん内定を貰ったと聞いた私もすごく喜びました。そしてすごいなと感心もしました。しかし、それから少しして友達から連絡がありなんと内定は取り消しになったと連絡がありました。本当にびっくりして一体何があったのか友達に聞くとなんと友達は内定に浮かれてしまい当時大学4年生だった友達は卒業論文を期日まで出すのをすっかり忘れてしまっていてそれで卒業が出来ずになんと留年になってしまったのでした。

私もそんなミスで留年でしかも内定取り消しなんて本当に友達に何してるのと怒ってしまいました。友達も本当にショックだったみたいです。でも自己責任です。仕方ないです。しかし、友達の家は高校生の時にバブルが弾けた時にそれまでは会社を経営していましたがその会社が倒産してしまいそれで少し家計が苦しくなっていて大学の学費とかもなるべく両親の援助を貰わずに自分でなんとかしようとアルバイトをしていいました。しかも友達はすごく美人だったのでアルバイトは友達に誘われた水商売でした。話もすごく上手な友達なのであっという間にそのお店でナンバーワンになったくらいです。それで生活が不規則になってしまいしかも内定が決まった安堵感で卒業論文を出し忘れてしまうというミスをしてしまいました。結局憧れの職業には就けずにそれから5年間も水商売をそのまま続けていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です