keyboard_arrow_right
新卒採用での体験談で私が感じた事

新卒採用での体験談で私が感じた事

15年前の事ですが、私の新卒採用での体験談をお話しします。今と比べると採用率は高かったのかも知れませんが、倍率100、200倍はざらでしたし、エントリーシートで落とされてしまい、面接までたどり着かない企業も何いくつもありました。学生時代、バイトに没頭してそのままバイト先に就職してしまうといううらやましい友人もいましたが、大学4年になる頃から就職先について調べるようになりました。調べ始めた時期は、まわりの友人と比べて遅かったと思います。本当に軽い気持ちで考えていた事を今でも反省しています。最初に働きたいと思った企業は、種苗会社でしたが、採用人数は若干名、既に友人は、そこでバイトをしてコネを作っていたのです。

コネを作ったところで働けるとは限らないのですが、意欲が大切なのだと感じました。私はもちろん、面接までたどり着く事すらできませんでした。それからは、普通に過ごしていてはとても就職できないという危機感が生まれました。このままじゃいけないと思って、少しでも興味のある会社に何件も応募しました。行きたい会社を2〜3社にしぼるという考えから、思いついたところにとにかく応募するやり方にかえました。次に説明会に行ったのは、食品会社です。自宅から電車で2時間以上かかりましたが、交通時間は考えていられませんでした。でもやっぱり、心から希望していない会社についての志望理由を聞かれても上手く答える事ができず、エントリーシートの段階で落ちてしまいました。

私が通っていた大学は、専門職に就きたいと希望する学生が多かったですが、倍率が高すぎて困難でした。教職の免許を取って、高校教師として働いている友人が数人いますが、凄い事だと思いますし、今まで馬鹿にしていた、学生時代の先生に申し訳ない気持ちになりました。最終的に私が、就職した先は、サービス業ですが非常に興味がある職種だったので、面接もスムーズ行えました。思った事を素直に伝えられたのが一番良かったのだと思います。とにかくたくさん面接にこぎつこうと、全く興味がない企業に応募しても結果が出なかったのは今になれば納得がいきます。あまりにも順調に就職先が決まったので、家族には本当に決まったのかと疑われるくらいでした。就職先が決まらないと言うのは本当に辛い事で、履歴書を書きすぎて、自分が本当に何をしたいのかよくわからなくなって来る事もあります。辛い事もありましたが、いまとなればいい思い出ですし、いい勉強になったと思っています。

成長を何よりも望むあなたに最適な新卒採用サイトをご紹介!
一心不乱に働いて自分だけのスキルを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*